韓国美容整形

韓国整形、10年後は大丈夫?顔が崩れない理由とおすすめクリニックの探し方

昔に比べると身近な存在になった整形ですが、さらなる高い技術や格安な値段を求めて、整形をするために韓国へ行く人も多くいます。しかし、整形後のメンテナンスや費用はどうしたらいいの?10年後顔は崩れないの?といった不安を解消するために解説していきます。

カンナムドール編集部
カンナムドール編集部
ネットの情報は信憑性が低いものもありますので、気をつけましょう!

 

整形した10年後は崩れる?

整形が身近になった一方で、整形後の維持が心配。しかし実際は、整形が元となって顔が崩れることは滅多にありません。10年も経てば、確実に老化は進行しますから、自然な老化は当たりまえのことなのです。
この、老化と劣化を同じにしてしまっている人がいますが、これは違うと言えるでしょう。

 

顔が崩れることはない

基本的に、整形が原因で顔が崩れることはありません。老化による崩れが、整形によるものだと言われてしまっているのです。整形をしているしていないに関わらず、年齢を重ねた分だけ、老化現象はおこります。老化は誰しもが避けられません。

また、例外として無茶な施術が行われたり、数十年後の年をとった時を考えない施術を行なってしまうと、整形当初とは変化してしまう場合があります。

例えば、もともと皮膚が薄い人の鼻に極端に高いシリコンプロテーゼを入れてしまうと、年をとり皮膚が薄くなった際、不自然になってしまう場合があります。若い頃の皮膚には皮下脂肪などのによるハリや厚みがありますが、年をとると老化によりそれらが減ってしまうのが原因です。

基本的には、年をとった際のことを考えて施術してくれるクリニックがほとんどです。正しい手術が行われれば、整形による顔の崩れは心配いりません。

しかし、整形の種類によってはメンテナンスが必要なものと不必要なものが存在します。

 

効果が半永久的に持続する治療(メンテ必要なし)

整形には術後のメンテナンスが必須だと考えると思います。しかし美容整形は大きく2種類に分けられ、半永久的に持続するものと、効果が一時的なものがあります。

効果が半永久的に持続するものの例として、二重切開法や目頭切開、鼻や顎にプロテーゼを入れる施術、脂肪吸引や脂肪溶解注射、こめかみから耳の前を切り頬や首のたるみを引き上げるフェイスリフトなどがあります。

二重切開法は、埋没法に比べて効果が半永久的です。メスをいれ、まぶたを切開する方法ですが、年齢を重ねるごとに生じるまぶたのたるみなどを防ぐことはできません。老化によってまぶたがたるみ、二重の幅が狭くなってしまった場合には、再度まぶたを切開し二重幅を広げる必要があります。

フェイスリフトにおいては、一度施術を行ってから三ヶ月ほどで完成します。完成から年月が経つにつれ老化していくため、完全にたるみを止められるわけではありません。

また脂肪吸引や脂肪溶解注射は、施術後に太ってしまえば、再度行わなければいけません。

 

効果が半永久的に持続する治療

  • 二重切開法や目頭切開
  • 脂肪吸引や脂肪溶解注射
  • 鼻や顎へのシリコンプロテーゼの施術
  • 切るフェイスリフト
  • 耳介軟骨移植
  • イタリアンリフト(糸を使った手術)
  • イタリアン・メソシェイプ

これらは、きちんとカウンセリングを受け、自分に合った方法で手術を行っていれば、再度メンテナンスする必要がありません。

整形後、月日の経過も合わせて、まぶたやフェイスラインのシワ、たるみが出た場合は再度メンテナンスが必要です。

 

効果が一定期間の治療(メンテ必要あり)

効果が一時的の治療には、プチ整形とも呼ばれるヒアルロン酸注射や二重埋没法、ボツリヌス注射などがあります。

ヒアルロン酸注射は唇や鼻、顎などに注射をし、ハリを出したりシワを目立たなくする効果があります。しかしデメリットとして、効果が一時的なため、年月が経てば元に戻ってしまうことが挙げられます。定期的に注射を行うことで、完成した状態を維持することができます。

ボツリヌス注射は、目尻や額の表情ジワやエラの張りを改善させる注射になります。こちらも効果は一時的なものですが、定期的に注射をすることで効果が増加し、長期間維持することができます。

二重埋没法は、特別まぶたの薄い人でない限り時間とともに元に戻ってしまいます。効果が薄れてしまうと、再び埋没法を行わなければなりません。

一定期間が過ぎると効果がなくなり、定期的なメンテナンスが必要です。

 

これらの治療全てに共通するメリットとして、元に戻るという点から試してみやすいということがあげられます。メスを入れて行う整形は怖くて手が出せないという人でも気軽に行うことができるため、半永久的な効果のある治療よりも人気が高いです。

 

効果が一定期間の治療

  • 唇や鼻、顎へのヒアルロン酸注射
  • 額や目尻へのボツリヌス注射
  • 二重埋没法

 

このように、効果が半永久的に持続する治療と効果が一時的な治療があり、どちらにもメリットがあります。

 

なぜ10年後に崩れると言われているの?

光や日焼け、タバコなどは私たちの老化を気づかないうちに促進させており、今の生活はすぐに顔には現れません。わかりやすく老化として現れるのは、約10年後です。整形をしていても老化を防げるわけではないですから、整形をしてから10年も経過すればほとんどの人が顔に変化を感じるのです。

 

韓国で整形した10年後に、顔が崩れない理由

美容整形といえば、の韓国ですが、とにかく高い技術やアフターケアの丁寧さが有名です。費用も安いことから、芸能人なども整形のために韓国に訪れるほどです。技術の高さから、日本で整形失敗してしまった人が韓国のクリニックで修正を行うケースも多々あります。

また韓国では、顔にテープや包帯を巻いたまま街に出る人も多く、ダウンタイム中でも人目を気にしないことが多く、整形に対して日本よりもオープンな傾向があります。

韓国での整形には、巧みな技術だけでなくリーズナブルな点やクリニックが豊富な点、整形に対する意識など、たくさんの魅力があります。

韓国での整形で、10年後に崩れてしまわないかなどの不安や、時間とともに劣化してしまわないのか、さらにメンテナンスを行っていれば失敗なく維持することができるのかといった不安を解消します。

 

医師の技術が高ければ崩れない

整形をする上で重要なのは、クリニック選びです。やはり技術の低い医者の施術にはリスクがあります。技術の高い医者や、きちんとカウンセリングを行い提案をする医者に頼めば、整形により顔が崩れてしまうなんてことはありません。どのクリニックの技術が高いのか、数十年先を考えて施術を行っているのか、口コミなどを参考にして見極める力が重要です。

 

整形は自分の希望通りの顔へ近づく第一歩ですが、無茶な変化を求めてしまうと、年をとった際に不自然に崩れてしまいます。希望の顔と自分の顔の形や骨格を照らし合わせ、あまりにかけ離れた整形をしてしまうと、今は綺麗に仕上がってもいずれ年月とともに崩れてしまい、せっかくの努力やお金が水の泡になってしまいます。

努力して手に入れた顔が、取り返しのつかないことになってしまいます。希望を無理に押し通すのではなく、しっかりとカウンセリングを行い、自分の希望と医者のアドバイス両方のバランスをとって考えることが重要です。

 

なるべく自己組織で手術する

整形には、医者の高い技術が必要不可欠です。豊胸手術では、術後にバストの痛みや違和感を感じたり、しこりができてしまい修正を行う人もいます。これは医者の技術不足や、中に入れたインプラントの劣化、注入成分の粗悪さが原因です。

実際に、現在は各国で禁止となっている、数年前日本でも取り扱いされていた有害性のあるインプラントを入れた患者からの問い合わせも増えています。

また、例えば、鼻にプロテーゼを入れた場合に、数年で崩れや鼻のトラブルが気になってきた場合には、プロテーゼを抜き、自己組織移植に切り替えることをおすすめします。

自己組織移植とは、自分に体の一部(組織)を取って、他の体の一部に移植する方法です。

怪我や生まれつきの病気などで使われることも多く、医療の現場ではよく使われる方法です。
ただ、メスをいれるので傷として残ってしまう、長時間の手術なため、高額になってしまうのがデメリットといえます。
ですが、自然な仕上がりなので、レントゲンに写る心配もありません。

体のどの部分も、一度大きな失敗をしてしまえば大変です。

エラを削る整形をしたい場合は、その分野が得意な医者やクリニックを探したり、そのクリニックが術後数十年のことを考えて施術を行なっているか何度もカウンセリングを行ったりなどして、なるべく技術の高いクリニックを探すことが大切です。

 

アフターケアが盤石

韓国での整形においての魅力として、アフターケアの充実さが挙げられます。鼻の整形手術や輪郭手術をした際には、術後スキンケアや腫れを鎮静化するためのレーザー照射などが施されます。

中には、シャンプーや酸素マスクなどを行ってくれるクリニックもあります。さらに、日本では、整形後の入院施設がほとんど無いのに対し、韓国では約1週間ほどの入院期間が設けられる場合が多くあります。術後は発熱や体調不良、傷口の悪化など不安がつきものです。何かあったらすぐに相談できる環境であることも心強いと言えます。韓国の入院制度は、そんな不安を解消してくれます。

また、韓国では、事前のカウンセリングやアフターケアは整形の料金に含まれています。

日本では別料金になっていて、整形をしても入院することやアフターケアがない所が多いです。

 

10年後崩れないための韓国での技術の高いクリニックの探し方と注意点、おすすめクリニック

 

SNSや口コミアプリ

今では整形外科やクリニックも多数存在しており、どこが一番自分に合っているかを見極めることが大切です。

SNSやクリニックの口コミサイトなどを見て情報を集めたり、整形体験者の実際の声を調べてみるのも、よいクリニックを見つけるためには必要です。特に韓国のクリニックは、実際に何度も足を運ぶのが難しい人もいます。その場合は、SNSなどでより多くの経験談などを集めると安心です。

良いレビューや口コミばかりのクリニックでも、一つのサイトを信用するのではなく、いろいろなサイトを覗くことでより確かな情報が得られます。自分に合うクリニックを見つけるためには、集めた情報を鵜呑みにせず、自分で吟味し判断することが重要です。

 

クリニックの実績や専門医の有無

日本でも韓国でも、整形外科医は数多くいます。医者個人の実績や経験はもちろん高いほど良いですが、クリニック自体の実績や評判にも目を向けることが大切です。また、パーツごとの専門性の高い医者がいるかどうかも重要な判断基準になります。

日本でも韓国でも変わりなく、医師のこれまでの実績やこれまでのサンプル(作品)を見て決めるのが1番です。
手術の内容によっては、専門医師と一緒に手術することがあるので、そういった場合には、専門の医師との協力体制なども見ておく必要があります。

なりたい願望に対して、作り上げてくれる人なのかを見極めていきましょう。
自分のなりたい顔に1番近いデザインをしている医師に、話を聞きにいってみてください。

 

複数のクリニックを比較、検討。あなたの特徴にあった手術を

情報を集めた上で技術や費用、医者やクリニックの実績など、いくつかの点に注目しながら複数のクリニックを比較して、自分に合うクリニックを見つけることが大切です。

自分が最も重視している点を明確にしておくと、クリニック選びもより確実なものになります。

おすすめクリニック

個人によって、とにかく費用が安いところが良かったり、鼻の美容整形に特化したクリニックが良いなど、重視する点はさまざまです。できるだけ安い価格で施術することに力をいれているクリニックや、二重の技術に特化したクリニック、脂肪吸引に特化したクリニックなど、それぞれのクリニックに特徴があります。そのため、一概におすすめすることは難しいです。自分が一番求めているものを明確にし、情報を集め、いくつかのクリニックに絞れたら実際にカウセリングに伺い、妥協しないことが大切です。

人間誰しも、年齢による老化は避けられません。整形をしているしていないに関わらず、老化により肌がたるんでしまったりシミができてしまったりするのです。整形の有無は関係なく、誰でも綺麗な状態を保つには、維持する努力やメンテナンスが必要になります。

カンナムドールではこうした不安を解消できるよう、現地での評判や口コミを調べるなど、韓国美容医療のプロフェッショナルとして、情報を提供しています。

不安なことがあれば、LINEにてお気軽にご相談くださいね。

この記事をシェアする

おすすめ