鏡で顔を見ている女性
韓国美容整形

【私の韓国整形体験談】釜山とソウルで整形した理由や二重整形・脂肪溶解注射後の本音を大公開!

韓国整形体験談シリーズ、今回は、釜山で、整形をした方のレポートです!

釜山にある病院3ヶ所で、二重、目の下の脂肪再配置、フィラーボトックス、ソウルの病院で、非切開小鼻縮小をしたと言います。整形しなければよかったなと感じたことや、情報の少ない釜山の病院での整形もされており、現在、整形を考えている人の参考になればということで、レポを寄せてくださいました!

最後には「なぜ整形したのか」ということを赤裸々に語ってくださいましたので、ぜひ最後までご覧ください!

 

美容整形クリニックが集まる釜山・西面での美容整形レポ

私は韓国の釜山にある病院で二重整形と目の下脂肪再配置、顎フィラー、脂肪溶解注射、ボトックスをしました。また、ソウルにある病院で、非切開小鼻縮小をしました。釜山では、それぞれ別の病院で手術してもらいました。

顎フィラー、脂肪溶解注射、ボトックスは、釜山の西面にある4ever美容外科という病院でしました。

ここは数少ない釜山にある日本語対応美容外科です。

私も日本語のコーディネーターさんに対応してもらいました。

日本人のお客さんもたくさんみました。

コーディネーターさんに「いつもありがとうございます。」と挨拶していたので、頻繁に通っている方も多いのかなと思いました。

手術の流れと感想

病院につくと韓国語で名前を言い、コーディネーターさんの方に案内されました。

そこで、院長ではなくコーディネーターさんが私の顔を見て、したほうがいい施術を決めてくださいました。

多分、私は注射系の施術だったので、コーディネーターさんでも対応できる範囲だったのだと思います。

コーディネーターさんも知識はおありのようです。

少し待機して施術室の方に案内されました。

そこで初めて院長に会い、通訳を通しながら説明を受けました。院長も簡単な日本語はできるようです。

施術のほうですが、注射系の施術でも軽い麻酔をしました。おかげで痛みも少なかったです。エラボトックスが少し痛かったですが、顎フィラーと脂肪溶解注射は、全く痛みを感じませんでした。

ただ、顎フィラーは顎に注射針を打ったまま、すごく動かしていて、フィラーを入れている感覚は分かります。

なので想像したら痛いです。

ダウンタイムは少し腫れるかなと思っていたのですが、私は全く腫れませんでした。顎フィラーを打ったところに再生テープを、3日間ほど貼りっぱなしていなければいけません。

 

価格

値段の方ですが、全部で30万ウォン程度でした。

顎フィラーの継続期間によって値段が変わります。私は半年にしたので安く済みました。

 

アイブリー整形外科で受けた、目の下脂肪再配置の体験談

鏡で顔を見ている女性

目の下脂肪再配置は、釜山の西面にあるアイブリー整形外科で受けました。

カカオトークにアイブリー整形外科のチャンネルがあるので、カカオトークでカウンセリング予約をしました。

ここは日本語対応していません。

私はある程度の韓国語ができたので、相談をすることはできましたが、麻酔をする時や、麻酔で意識がぼんやりしている手術中に目を「開けてください。」といわれたり、韓国語で何か言われることがあるので、全く韓国語が出来ない方は通訳さんと一緒に訪問した方がいいと思います。

カウンセリング相談で初訪問した時は、受付の優しいお姉さん方が対応してくださり、写真ルームで顔全体の写真を撮りました。

少し待って、相談室で院長と写真を見ながら私の目の下の状態と、どうすればいいのかなど説明を受けました。

そのあと、別の部屋で値段やダウンタイム、手術後の過ごし方など全ての説明を受け、手術予約をするかどうか決めます。

他の手術の勧誘や矯正的なことは全くありませんでした。

私もこの時点で、一度考えると言って数日後にカカオトークで手術予約をしました。

手術当日は睡眠麻酔のため、2時間前から食事禁止です。

手術時間の30分に訪問して、再び注意事項の説明や写真撮影をします。

服は手術用の服に着替えます。少し待機して手術室に案内されます。

手術台に寝転んで、韓国語で「こうして下さい。ああして下さい」といろいろ言われます。

院長の他に女性の助手が2人います。手術の準備をして、睡眠麻酔を打ちますが、この時院長はまだいません。

目の下の脂肪再配置は、お腹の脂肪を吸引して目の下に注入する形で、麻酔から脂肪吸引までは、女性助手の医師が行います。

麻酔針を打たれると、医師に「1から数字を数えて下さい」と言われます。

数えている途中、6くらいの時に意識を失いました。

後から考えると意識を失ったと確認してすぐ脂肪吸引をされた気がします。

睡眠麻酔は初めてだったので怖かったです。意識が少しずつ戻ってきてから目の手術を行います。

目の下脂肪再配置は、目の内側からたるんでいる筋肉や余分な脂肪を排除し、外側からくぼみに合わせて脂肪を注入するといったものでした。

手術中は意識はあるのですが、まだ自分をコントロールできない状態です。

麻酔をしたので全く痛くないのかと思ったのに、少し痛い時もありました。

我慢できる程度なので心配はいりません。

手術が終わり、目の下にシールを貼られます。麻酔もきれてきて、回復室に案内され、そこできちんと麻酔がきれるまで待ちます。麻酔が完全にきれたと思ったら、受付までいって処方箋をもらい、隣にある薬局に行って、薬をもらって全て終了です。

目の下脂肪再配置のダウンタイムと費用

ダウンタイムは腫れとあざがあります。腫れは5日程度で収まりますが、完全に引くまでは10日ほどかかります。

私はあざが結構残った方で、2週間ほどで完全に消えました。

3日間、目の下にテープを貼りっぱなしで過ごします。

病院からカボチャの飲み物と目の保冷剤をもらいます。

値段は約90万ウォンで、2回目の脂肪注入込みの料金です。

手術日の数日前に訪問して、前払いします。この時、全額でもデポジットでも構いません。

また、手術後経過を見るために2週間後に訪問し、そのあとは1か月ごとに訪問しました。

何回目かの訪問で、2回目の脂肪注入を予約します。

2回目の脂肪注入は、前回吸引した脂肪が保存されていて、それを使います。

私は1回目から、かなり後に2回目を行ったので再び脂肪吸引をしました。

2回目の脂肪吸引も無料ですが、また睡眠麻酔をしなければいけません。

アイブリー美容外科は、受付の方から院長まですごく優しくて親切に対応してくださいました。また、名前を呼ばれる時に苗字を呼ばないので、外国人が呼ばれた時の周りからの視線がありません。私が日本人だからかいつも覚えてくださっていてこちらも通いやすかったです。

 

アイブリッド整形外科で受けた、二重整形手術の体験談

二重整形は、釜山の西面にあるアイブリッド整形外科でしました。

こちらも同様にカカオトークでカウンセリング予約をとりました。

また、こちらの病院も日本語対応していませんので、通訳さんと一緒に訪問するか、ある程度の韓国語が出来る状態でいなければ大変だとおもいます。

私が受けた二重手術は、目元矯正、自然癒着です。

これは、眼瞼下垂の症状も改善される二重手術です。

こちらの病院は、待合室が広く落ち着いている雰囲気でした。

カウンセリングは院長となりたい二重幅を相談しながら、細い器具で二重のシュミレーションをします。

相談が終わった後に、別の方と値段、ダウンタイム、手術後の過ごし方など説明を受けます。

今回、私はその場で予約をとり、デポジットとして5万ウォン支払いました。

手術当日、少し早めに訪問しお会計を済ましたあと、写真撮影、注意事項や説明をうけます。

少し待機して、手術室に案内され、手術台の上で、手術内容の確認や注意事項を受けます。

そのあと院長が来て、思ったより時間をかけて、細かく二重のデザインをしていきます。何度も何度も二重の幅を確認されたので、こちらも安心できました。

麻酔は睡眠麻酔です。前回1度睡眠麻酔をしたことがあったので、今回は楽な気持ちで受けれました。手術は意識があまりない状態の時に始まって、だんだんと意識が戻って来た時も、まだ手術中でした。痛みは全くありませんでした。

瞼が縫われている感覚なども無くすごく安心できる手術でした。

手術自体もすぐ終わって、回復室で目元を冷やしながら休みます。

そのあと、受付で処方箋とカボチャの飲み物、保冷剤をもらい、薬局で薬を買って帰宅という流れでした。

こちらの病院は待合室と手術室が違う階にあって、エレベーターで行き来可能で、手術後、待合室に行かずに帰宅できるので、人の目も少なくとても良いです。

二重整形のダウンタイムと費用

値段は、学生キャンペーンをしていて、私は語学堂に通う学生でしたが、サービスで学生値段を適応して下さいました。

約80万ウォンです。ダウンタイムは約2週間でした。

手術の3日後くらいに抜糸があります。全く痛くないので安心してください。

私は親に内緒で二重整形をしましたが、2週間後に帰国してもバレませんでした。笑

片目に、ほんの少しだけ、まだあざが残っていたんですけどね。

私はダウンタイム中も、買い物にいったりしてたので、ひどく腫れたりあざができたりするほどではありません。

こちらも1か月後に途中経過の確認がありますが、私はコロナの影響で帰国していたので、いきませんでした。

病院から連絡がくるはずでしたが、きませんでしたし、その後も1回も訪問していません。

こちらの病院は受付の方の対応も親切で、カウンセリングの時は院長が少し無愛想でしたが、手術の時は、私が韓国語がわからなくて親切に教えてくださったりしました。なんといっても手術が上手な気がしました。

二重の幅も望んでいた通りで、結び目も全く分からないくらい自然です。是非こちらでの二重手術をおすすめします。

 

TJ美容外科で受けた非切開小鼻縮小手術の体験談

非切開小鼻縮小は、ソウルにあるTJ美容外科で受けました。

こちらは日本語のコーディネーターさんがいらっしゃいます。

私は釜山に住んでいたので、カウンセリングと手術を同じ日に行いました。

カウンセリングは院長ではなく、別の方が対応してくださり、コーディネーターさんもずっと付きっきりでした。

値段や注意事項、その他の説明を受けたあと、写真撮影をしました。

受付でお会計を済まし、待機室で鼻に麻酔クリームを塗り、コーディネーターさんと2人でずっと世間話をして過ごしていました。

待機室では結構待ちましたが、コーディネーターさんが親切で話しやすい方だったので、退屈にならずに手術まで過ごせました。

待機室で待っていると、急に呼ばれて手術室に案内されます。コーディネーターさんも一緒に来るのかと思っていたのに、なぜか待機室でお別れでした。院長と助手の方に説明を受け、麻酔にはいりました。

今回は部分麻酔でした。この部分麻酔が今までに無いくらいすごく痛いです。

鼻の下に5ヶ所ほど打たれるのですが、我慢するのがしんどいくらい痛いです。涙がでました。

麻酔が終わって手術に入ります。

この手術は、糸で小鼻をひっぱり縮小する手術です。手術の途中に鏡でどのくらい縮小するか確認できます。

手術が終わって処方箋をもらい、薬局で薬を買って帰宅です。

その後の経過確認訪問はありません。

非切開小鼻縮小のダウンタイムと費用

値段は約40万ウォンです。ダウンタイムは全くありませんでした。しかし、手術後、1週間ほどは笑う時少し痛く、1か月ほどは笑うと違和感があります。

糸を固定させるためにも、1か月はあまり笑わないようにしなければいけません。

手術の1週間後、10日後、2週間後、3週間後ごとに、経過写真と動画を自分で撮影して、カカオトークで送らなければいけません。

その日にコーディネーターさんから連絡が来るので、忘れることはありません。

手術をして、残念なことにあまり変化を感じられませんでした。

大きな変化を求めている方には非切開はオススメできません。

また、麻酔が本当に痛いので痛みに弱い方にもオススメできません。ただ、値段が安く、ダウンタイムもないので1度試してみる価値はあります。

私は釜山で受けた目の下脂肪再配置と二重整形の手術は、カンナムオンニという韓国の方の整形レビューを見ることができるアプリで探しました。このアプリはレビュー数がとても多く、写真付きのダウンタイム、値段、レビュー内容も確実なもので良かった点と悪い点、すべてきちんと手術を受けた方の感じたことをそのまま知ることができます。

日本語対応しているアプリなので韓国語ができなくても大丈夫です。

 

韓国整形の全体的な感想

韓国で整形をするのは、日本より比較的値段が安いため、技術を疑う方もいますが、少なくとも私が受けた病院は、どこもすばらしいと思います。アフターケアもきちんとしていて、手術も納得いくものばかりでした。

なんといっても一番は受付のお姉さん方がとても親切で優しいところがこちらとしても安心できるポイントです。

しかし、やはり日本語が通じないとなると不安でもあります。特に麻酔で意識がはっきりしない時に韓国語をはなさないといけないこともあるので、自信のない方はかならず日本語コーディネーターさんがいる病院で受けた方が良いです。

釜山は今の所日本語対応の病院が二箇所ほどしかありません。

ソウルはたくさんあるので、韓国で整形を考えている方はソウルでの手術をオススメします。

私は日本でも施術を受けたことがありますが、総合的に考えて整形をするなら圧倒的に韓国ですることをオススメします。

 

病院の決め手と私が韓国で整形した理由

韓国で留学しながら、美について考えることが多くなりました。

やはり韓国の人は美意識が強くいつも綺麗にしていて、私もそのような環境で生活していると自分のコンプレックスがさらに気になるようになりました。

私は顔に脂肪が付きやすく、顎が少し後退している気がしたので、気軽にできる脂肪溶解注射とフィラーをしたいと思いました。

脂肪溶解注射は日本でもうけたのですが、料金も高く、効果もイマイチわかりませんでした。

しかし、韓国で受けた施術のレビューを見ていると、効果が期待できると思ったのと、料金が安いので、何もしないよりはましかなと思いました。

4ever美容外科で受けた理由は、私がまだ韓国にきて2ヶ月ほどでしたので、韓国語に不安があり、日本語コーディネーターさんがいたからです。

釜山では今の所4everとSHE’S美容外科の2つの病院にしか日本語対応していません。

目の下の脂肪再配置を受けようと思った時は、韓国に来て3ヶ月目。

前よりも美意識か高くなった私は、ふと鏡を見た時に目の下にクマではなく、くぼみがあるような感じがしました。

目の下がくぼんでいると老けてみえるというのと眠たそうに見えるので、少しでも若く見えるように手術を決めました。

アイブリー整形外科にした理由は、釜山でも目の下の脂肪再配置手術のレビュー数が多く、丁度、キャンペーンもしており、価格も安かったからです。

日本語コーディネーターさんがいないので、完全韓国語でカウンセリングに挑みましたが、受付の方も院長もとても優しくて、病院の雰囲気もよかったです。

また、院長が私の今の状態がどうなのか、だからどうすればいいのか、などを詳しく説明してくださって、納得でき、アイブリー整形外科にしました。

二重整形をしようと思った理由は、当時、私は語学堂に通っていて、クラスメイトと先生によく「眠たそう」とか「目開いて」と笑われることがありました。笑

私はそれで傷ついたわけではないのですが、もともと二重の線があるのに、なんでかなと思っていました。

そんな時に担任の先生が、

「先生も前はあなたみたいな目だったけど、手術した。あなたも手術したらかわいくなると思うよ。韓国にいる間にしてみたら?」と言ってきたので、二重整形に興味を持ちました。

私は、今の自分の状態を分析し、二重があるのに眠たそうににみえるのは、軽い眼瞼下垂があるからだと思いました。

眼瞼下垂は、自分ではどうする事もできず、手術するしか改善方法がないとのことだったので、学校の冬休みが始まった初日に受けようと決めました。

アイブリッド整形外科は、二重整形の症例が多く、レビューもとてもよかったです。

手術が上手だというレビューが多く、こちらもちょうど、学生キャンペーンをしていたので、カウンセリングに行ってみました。

カウンセリングでは私がなりたい二重幅をきちんと理解してくださって、ここなら絶対納得出来る二重になれる。と思いました。

非切開小鼻縮小を受けようと思った理由は、私は鼻が低いのですが、あまり気にしていませんでした。

しかし団子鼻は気にしていて、小鼻ががもう少し小さくなったら、顔の印象が少し変わりそうな気がして、小鼻の整形をしたいなと思いました。

TJ整形外科は非切開で、小鼻縮小ができ、料金もとても安かったので、納得いかなくてもやるだけやってみようと思いました。釜山では非切開をしている病院がなく、友達と会う約束もたくさんあったので、あまりダウンタイムはとれないと思い、切開はできませんでした。


いかがでしたでしょうか?

とても赤裸々に整形経験を語ってくださいました!

もっと聞きたい!という方はリクエスト、お待ちしております!

この記事をシェアする
カンナムドール

カンナムドール

韓国美容整形のことでお悩みなら、専門スタッフが常駐するカンナムドールに、いつでもお気軽にご相談ください。

相談はこちらから
https://www.gangnamdoll.jp/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です