笑っている子ども
韓国美容整形

【顔分析】EXO、D.Oさんの凛々しいお顔を韓国整形外科医が徹底分析!

【韓国アイドル】ハート型の唇が印象的なEXO、D.Oさんのお顔分析!

こんにちは!

今回もEXOのメンバーでお顔分析ですが、今回は俳優業もこなす

D.Oさんことドギョンスさんです!

イミニョン先生が前回の反省も活かしつつ解説してくれました!

 

印象的なくちびる!

演技しているのはよく知っているので、スクリーンでよく見ていて、

映画のイメージに慣れているんですが準備した写真は、

ミリタリーっぽい感じですね。

 

D.Oさんを見てみると、顔でパッと目に入るのは唇ですね。

唇のラインがかなりハッキリしています。

 

唇見るとぷっくりしています。

皆さん、ただ見てかわいい!

ではなく専門的にお話できるように資料を用意しました。

 

これは唇の解剖学的名称です。

 

「Cupid’s Bow」弓のような上唇の形

「Philtrum」人中

「Vermillion Border」唇と肌の間のライン

「Oral Commissures」口角

 

こういった部分がそれぞれしっかり見えるような唇はキレイで美しいとされています。

 

D.Oさんを見ると・・・わあ~エッジがきいてますね。

唇フィラーをしたような感じです。(フィラーでもここまでいかないか)

 

先ほど私たちが見た「Cupid’s Bow」!

ハッキリと見えますね。

 

「Philtrum」もフィラーを受けたかのように綺麗に見えています。

「Vermillion Border」もハッキリ分かれていて「Oral Commissures」もよく見えます。

こういった唇は本当に教科書に出てきてもおかしくないです。

唇自体がとても魅力的です。

 

D.Oさんの明るい笑顔!

そしてD.Oさんの他の写真を見てみると笑顔の写真がとても多いです。

笑っている姿は、天真爛漫な感じが強くします。

 

この写真もそうでしょう?探してみたら・・・幼いころから・・ふふ。

子供の頃から笑い方が平凡ではありませんでした。

 

D.Oさんの笑い方を見てみると、一般的には目や顔の表情を強く出して、

笑うと歯茎がよく見えてしまい、これを「Gmmy smile」といいます。

 

上唇にある唇を上げる筋肉が強く動くとき「Gmmy smile」というのですが、

一般の方は歯茎が見えすぎて恥ずかしいのでボトックスをしに来られる方もいらっしゃるんです。

 

ですがD.Oさんはそういった感じではなくハート形ですね?       

どうしてこうなるんだろう?

 

唇を動かす筋肉を一緒に見ていきましょう!

 

唇をあげる3つの筋肉!

「Levator labii superioris」

「Zygomaticus minor」

「Zygomaticus major」

これらは試験によく出てくる部分です。笑

 

唇を上げる筋肉ですが、唇の周りには筋肉がとても多いです。

 

唇は話すときも食べるときも、唇の周りに丸くある「Orbicularis oris muscle」と、

目の周辺にある「Orbicularis oculi muscle」という筋肉は表情を消す時に関係する筋肉です。

 

再度D.Oさんを見ると顔にある丸い筋肉2つ(目回り・口回り)がとても綺麗です。

口は笑いながらハート型になっているでしょう?

 

そして目、笑った時に涙袋が出ています。この涙袋、女性たちが羨ましがるほど良く出ていますね。

これは目の筋肉が動きながら出てくるもので人によって異なります。

そういった点でも、D.Oさんは笑顔が素敵です。

 

とても良いですね。こういった表情筋が発達しているとスクリーンでも良く映るのではないかと思います。

 

D.Oさんを見ると舞台で明るく笑う姿だけではなく、映画ではシリアスな役割も多いので・・・

素晴らしいです。

 

私がこのように簡単にD.Oさんの顔を分析しながら、前回とは違い、

感嘆だけで終わらないように・・・

写真を見てるだけだと、ずっと感嘆をあげてしまうので、

今回は多様なテーマで写真も一緒に準備してお話してみました。

 

それにしても今回用意した資料の中でD.Oさんの写真が一番」

いいですね♡

—–

いかがでしたか?

幼いころのD.Oさん可愛かったですね!♡

昔から変わらない笑顔でいるのは筋肉が理由にあったんですね。

これからもD.Oさんの演技、歌手としての活動が楽しみです!

この記事をシェアする

おすすめ