首を揉んでもらっている女性
韓国美容整形

韓国の豊胸手術はメリットだらけ?日本との値段比較と安心して脂肪をいれられるおすすめクリニックの探し方

韓国の豊胸手術は年々、人気となり、各クリニックの技術も年々向上していると言われています。

また、費用もかかることから、なるべく安く韓国で受けたいと思う女性も少なくないようです。

そのためには、しっかりと情報収集を行いましょう。

豊胸手術の基礎知識、韓国豊胸手術のメリット、デメリット、日本のクリニックとの価格の違いなどを徹底解説します!

 

Contents

豊胸とはどんな手術?

豊胸手術とは簡単にいうとバストアップのための手術ですが胸が小さいことがコンプレックスで着たい服が着れない…胸を大きくするために色々試してみたけど駄目だった…豊胸手術をしてみたいけど、どんな手術や方法があるのか分からない人の為にご紹介します!

 

手術の流れ

胸のCT撮影→身長、体重、骨格、左右差などの身体チェック→血液検査→医師カウンセリング→デザイン決め

(シリコンバック豊胸の場合はバックを選びます)

 

手術当日

着替え→医師と最後のカウンセリング&デザイン確認→手術

 

手術手順(病院や医師によって異なります)

※シリコンバック豊胸の場合

消毒→全身麻酔→バックが入る空間洗浄→ドライポケットを作る→ドライポケットサイズを正確確認→シリコンバック挿入

 

シリコンバック挿入

一言でシリコンバック挿入といっても胸のどこにシリコンバックを入れるのか、どこを切開するのか紹介します。

大きいサイズアップを希望の人におすすめ

手術時間は約1時間~2時間

 

(脇ライン切開)

・脇のシワに沿ってシリコンバックを挿入

・この切開法ではバックを乳腺下に挿入する方法、大胸筋下に挿入する方法が可能

・傷口があまり見えない1年ほどでほとんど分からなくなる

・手術時間が長くないので回復が比較的に早い(個人差あり)

 

(胸下ライン切開)

・胸が垂れていたり再手術の場合進められることが多い

・血管や神経を避けて挿入できる

・痛みが軽度

 

(乳輪周囲ライン切開)

日本人やアジア人種系はこの方法だと傷口が分かりやすいことや大胸筋下への挿入が困難で乳腺組織を傷つける可能性が高いことも含めて推薦する病院が、ほとんどありません。

 

シリコンバックの挿入位置

(乳腺下法)

・乳腺のすぐ下に挿入する方法

筋肉を剥がす必要が無いので、一番リスクが小さい

・感触や揺れた際の動きが自然に見えやすい

・痩せ型で皮下脂肪や皮膚が薄い人にはおすすめではない

 

(筋膜下法)

・筋肉が発達している人におすすめされることが多い

・シリコンバックの露出が調整が可能で自然な仕上り

 

(大胸筋下法)

・筋肉でシリコンバックを覆っている範囲が大きいので触感がとても自然

・痩せ型で乳腺が発達していない人や胸の皮膚や皮下脂肪が薄い人に合っている

 

シリコンバックのメリット・デメリットまとめ

メリット

希望のバストサイズになれる。
また、モティバやベラジェルといった製品が選べ、製品によって形状や触感が異なるので、好みのものをいれられる。

デメリット

人工物を入れるため、少し違和感を感じると言う声もある。

しかし、近年は、最先端のシリコンバックが生まれているため、ナチュラルさを出せるとも言われている。

医師と要相談。

 

脂肪移植・注入(コンデンスリッチ豊胸)

自分の脂肪を摂取し(太ももや下腹部)2次分解させて定着のよい脂肪だけを胸に注入する方法です。

手術時間は約2時間

 

・見た目も触感も自然

・傷口が最低限に抑えられる

・シリコンバックに抵抗がある人

・やせ型の人や大きいサイズアップを望む人にはあまり向いていない

・1カップ~1.5カップのサイズアップ希望の人

 

脂肪移植・注入のメリット・デメリットまとめ

メリット

仕上がりが自然。自己組織なので触り心地が柔らかく、見た目も違和感がない。

デメリット

脂肪がなく、手術ができないことも。

 

ヒアルロン酸注入(シンデレラ豊胸)

メスを使わずに専用のヒアルロン酸を胸に注入していく方法です。

施術時間は15分~30分程度

 

・ダウンタイムがほとんどない(個人差あり)

・胸のデザインがある程度自由

 

ヒアルロン酸注入のメリット・デメリットまとめ

メリット

プチ整形レベルで気軽にできる。

デメリット

1〜2年程度で体内に吸収されるので、効果が持続しない。

 

豊胸手術、ダウンタイムの長さは?

シリコンバック

・術後直後から1週間ほどは脇切開の場合だと腕が上がらない支障がある

・術後翌日~1週間程起き上がりや寝返りが困難

・大きな痛みは3日~1週間

・術後2週間程度、腫れや内出血

・乳輪や乳頭に知覚異常があったりピリッと感じることがある

・入浴は1週間後~可能

・スポーツなど3週間以降~

 

脂肪移植・注入

・大きな痛みは3日~1週間

・術後2週間程度、腫れや内出血

・シャワーは翌日~可能

・入浴は1週間後~可能

・脂肪を摂取した場所が大きな痛みを感じることがある

・スポーツなど3週間以降~

 

ヒアルロン酸

・入院、抜糸なし

・術後の痛みや内出血ほとんどなし

・注射で注入なので傷跡なし

・入浴当日~可能

・スポーツなど1週間以降~

 

※入院や抜糸等は各病院によって異なります(ダウンタイムも個人差あり)

 

シリコンバックの種類は?

・バックの形状

ラウンドタイプ(お椀型)、アナトミカルタイプ(涙型)

 

・シリコンバックの種類

韓国、日本で一番多く使われている種類を紹介します。

 

(スムースタイプ)

表面がつるつるしていて柔らかく滑らかな特徴を持っていますが術後、硬さが生じることがあるのでマッサージなどの管理をこまめに、きちんと管理できる人に向いています。

 

(マイクロテクスチャー)

モティバやベラジェルがこのタイプで微細な表面のざらつきが術後の副作用や胸が硬くなることを予防しシリコンの位置もつかみやすく安全性が高いです。

 

モティバはバックにパンパンにジェルが詰められていて密度が高いので柔らかさも、もちろんありますが形をはっきりさせたい人や弾力が欲しい人におすすめです。

 

ベラジェルは柔らかさ重視の人、シリコンバックだけ触って摘まむと涙型のように変形するほど柔らかいです。

寝転んでもまるで自分の胸だったかのように自然です。

 

脂肪・ヒアルロン酸は入れる?

脂肪移植は半分は吸収されて半分は定着されるといわれること、シリコンバックに抵抗がある人には向いていますし、何より自分の脂肪なので自然な仕上りです。

やせ型の人でシリコンバックを入れて境目が見えてしまう、デコルテ部分の皮下脂肪がない人などはシリコンバックの回りに脂肪移植で囲ってあげると自然な仕上りになります。

 

ヒアルロン酸の種類によって持続期間は異なりますが、ダウンタイムもほとんどなく少しだけ調整したい人

数日後に撮影がある、結婚式やパーティーなどでドレスなど胸元の開いた服を着るという理由で施術する人多いです。

 

韓国豊胸事情

韓国人は豊胸する人が多い?

韓国人にとって顔の整形と豊胸はセットに考えている人が多いですし、インスタグラムなどの人気インフルエンサー達も公表したりしていることから豊胸手術が今注目されています。

日本に比べて下着のサイズもBカップまでがメインに置かれているので平均的に小さい人が多いことでコンプレックスに感じている人が多いことも関係していると言えます。

 

流行りはある?

国産ということもあって韓国ではベラジェルで豊胸する人が多い印象です。

柔らかいバックなので胸の動きも自然で感触も本物に近いと人気な理由です。

 

歳をとったらどうなる?

皮膚や脂肪は加齢の影響を受けますがシリコンバックは人工のため、変形したりはしません。体系の変化でシリコンバックが浮き出てきたり、目立つ場合は除去やサイズを入れ替えるなどおすすめします。

 

脂肪移植は定着した脂肪の分、下垂しますが元々自身の脂肪なので自然に変化していきます。

 

豊胸手術の日本と韓国の違いは?

 

日本でもエラ削りをしているクリニックはたくさんあります。でも、わざわざ異国に出向いてまで削る大きな理由は、料金や症例などの理由があります。

 

日本より安い

実際にベラジェルは韓国製なこともあり、日本で手術を受けるよりも安いですしモニター価格でなくても日本人向けにキャンペーンなど実施している病院が多いのでお得感があります。

ただ、たまに日本のクリニックの方が安かったということもあるので、カウンセリングで見積もりをとってもらいましょう。日本から韓国のクリニックに見積もりも取れます。

 

危険性

昔は豊胸手術というとシリコンバックが破裂する、10年で交換しなければいけない等の危険性が心配されましたが今は取り替える必要もありませんし、モティバやベラジェルに関しては10年で取り替えなければいけない等の心配される要素は現時点では無いと保障されています。

仮に現代のシリコンバックは破裂や亀裂が入っても中のジェルが飛び出すことが無い為、体に害も無く見た目や触っても分かりません。手術をした病院に従って定期健診等のエコー観察をおすすめします。

 

ダウンタイムの過ごし方

術後から大きな痛みや内出血が収まる頃の2週間までは胸に負担を掛けないように肩や腕に負担をかけないように過ごすこと、走ったりすることはよくありません。

病院からの指示に従って禁酒禁煙を必ず守ること、着圧バンドやブラジャー、マッサージ管理をすること

韓国の病院ではアフターケアーのレーザーなどしっかり見てもらえるので安心です。

 

症例が豊富

アメリカのモティバやシリコンバックの制作メーカーから表彰されちゃうくらい豊胸手術の経験があったり、日本の医師と共同で豊胸手術の症例をしたりするほど韓国の豊胸人口が多いんです。

 

ばれにくさ

最新の豊胸手術は何といっても見た目も触感もかなり自然です!韓国の先生達も日本人が豊胸する際に求めるポイントは見た目がナチュラルな仕上りで感触を希望する人が多いそうです。

シリコンバックを使ったケースでも触ってもほとんどの人が豊胸だと分からないくらい素材も進化していますし、脂肪移植に関しても少し太っちゃったかな~と言えばバレなかったという声も。

豊胸手術は何よりやってよかったとの口コミが多かったです。

中でもスタイルがいいね!と褒められるようになった!胸が大きくなって女性らしくなった!との声が!

乳がん検診等の検査やレントゲンも問題無く受けることができます。

 

日本と韓国の豊胸価格比較(相場)

どんな豊胸手術をするか、またクリニックによって価格差がありますが、安すぎるクリニックを除いては、韓国では、50〜80万円ほどを想定しておくのが良いでしょう。

旅費や宿泊費用などトータルでかかる費用に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

【決定版】本当に安い?韓国整形の部位別費用・日本との値段比較とトータルでかかる費用を解説

 

日本クリニック

・シリコンバック豊胸 約60万円~

・脂肪移植(200㏄~300㏄目安) 約40万円~

・ヒアルロン酸(80㏄以上~)1㏄約2000円~

 

韓国クリニック(日本円表記)

・シリコンバック豊胸 約50万~

・脂肪移植(200㏄~300㏄目安) 約30万円~

・ヒアルロン酸(80㏄以上~)1㏄約2000円~

(地域差やキャンペーンなど病院によって価格は変動します)

 

韓国豊胸手術で失敗しないためのポイント

クリニック選びを怠らない

口コミや価格などを見て簡単に決めることは大変リスクです。豊胸を得意としているクリニックを見つけ、

複数のクリニックを比較するようにしましょう。

どこが良いかわからなければ、カンナムドール公式LINEにお問い合わせください。

 

言語の壁を甘く見ない

言葉の違いで、納得いかない手術になってしまってはいけません。カンナムドールマガジンでは何度もお伝えしていますが、絶対に通訳代をけちることはやめましょう。数千円、数万円で取り返しのつかないことになります。

【決定版】韓国美容整形で同行通訳はなぜ必要?おすすめの選び方とトラブル防止のコツを解説

 

 

おすすめクリニックの探し方

まずは病院の症例写真や口コミを見て、自分に合いそうな病院や気になる病院をピックアップしてみましょう。

■SNSを利用する

ツイッターやインスタグラムには、整形アカウントと呼ばれるアカウントを持っている人がいます。利用方法はさまざまですが、整形の情報を収集・発信したり、同じようなアカウント同士でフォローし合って情報を交換したり、自身の整形の体験を報告したりしています。また韓国で美容医療専門の通訳をしている人のアカウントでは、現地人の口コミや病院の情報を発信したりしています。

気になる単語で検索し、利用した病院や感想の口コミを確認してみましょう。

ただ近年、PRが目的のステマ的情報だったり、嫌がらせ目的の事実を歪曲した情報だったりするケースが多発しているので、いい情報も悪い情報も鵜呑みにせず自分で精査することが重要です。

 

■経験者に聞く

実際に整形している人に聞けるのであれば、よい参考材料になります。

ただ先ほどの整形アカウントと呼ばれる方々に聞こうとする場合、同じような質問をされていることが多いので質問内容を短くまとめ、事前に似たようなことに関して発言していないか確認してから質問するのがマナーです。出来れば質問箱などを設置している人に聞くようにし、質問を募集していない人にDMをする際は失礼の無いように勤めましょう。

親切に対応してくれる人もいますが、大切な時間と情報を無料で提供するということですので、スルーされたりブロックされたりする可能性があることも念頭に入れておきましょう。

カンナムドールは無料でお応えしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

■専門家に聞いてみる

整形を専門に扱うメディアや、美容整形専門の旅行代理店など、美容医療を扱う企業の知識もよい参考資料です。問い合わせできるのであれば、思い切って相談してみてもいいでしょう。

 

■症例をみる

病院のHPやSNSを見れば症例がたくさん公開されています。

自分の希望の手術を行った人や自分の骨格に似ている人を中心に、どういった手術を行ったのかを確認します。

症例写真の人と同じ顔にできるわけではありませんが、美意識やセンスがあう病院を探すとよいでしょう。

同じパーツを担当する医師が複数在籍している場合、たいていHPでは医師ごとに症例を見ることは出来ませんが、直接病院にカウンセリングにいくと、見せてくれたりします。

有名な医師がいる事も重要ですが、医師やスタッフのレベルが全体的に高くクリニック全体の実績が高いほうが安心です。

 

■医師の経歴と病院の資格をみる

日本語翻訳のページがあるHPでは、医師の経歴や活動が確認できます。新しい中小の病院でも有名病院から独立した先生であれば期待できます。ただし記載している情報が正しいかどうか、韓国人でも審査することは難しいでしょう。

しか、し病院が外国人患者を受け入れるには、別途国の機関へ登録する必要があります。登録するためには精査が入りますので、外国人患者を受け入れる資格がある病院かどうかを確認すると安心です。

逆にどんなに現地の評判がいいとしても、外国人患者受入れの資格が無い病院で治療を受けることは違法行為ですので避けましょう。

 

 

実際にカウンセリングを受けよう!

情報を集めて気になる病院をいくつかピックアップしたら、次は実際に手術をする病院を決めるため、医師のカウンセリングを受けてみましょう。

どんなに症例がよくても自分には合わなかったり、医師によってアプローチの仕方が違ったりするので、具体的な手術案を提案してもらい、その中から自分に合う病院を選んでいきます。

わからないことは医師に聞くのが一番!

【韓国整形カウンセリング決定版】お金も時間も節約!韓国整形で失敗しないためのビデオカウンセリングはマスト!

■病院のカウンセリング

病院が日本語対応しているのであれば病院に問い合わせ、専用窓口が無ければ仲介会社や個人通訳士さんにお願いして、実際に医師のカウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングは、基本的に執刀医が骨や肌の組織を見極めて、有効な手術方法やデザインを提案してくれます。その後医師のプランに沿って室長と呼ばれる病院職員が、提案された手術にかかる予算を説明してくれます。その予算が最終的な費用となるので、どんな提案を受けて何にいくらかかるのか、しっかりメモをしましょう。

 

いかがでしたか?

バッチリ準備して、納得のいく手術を行いましょう!

この記事をシェアする
カンナムドール

カンナムドール

韓国美容整形のことでお悩みなら、専門スタッフが常駐するカンナムドールに、いつでもお気軽にご相談ください。

相談はこちらから
https://www.gangnamdoll.jp/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です